MENU

サービスのご案内

サービスのご案内

Service不動産鑑定評価業務

いつどんなときに不動産鑑定評価が必要なのか、業務内容をご紹介します。
土地・建物価格、地代・家賃に関する鑑定評価の他、これらに準じた調査・報告書等もご提供しております。

  • case01
    不動産を賃貸借するとき

    ビルやマンションなどの家賃の決定には、貸手も借手も納得のいく賃料にすることが必要です。
    このような家賃のほか、地代、契約更新料、名義書替料なども鑑定評価の対象です。また、借地権、借家権価格と財産価値判定の根拠としても鑑定評価は役立ちます。

  • case02
    不動産を担保にするとき

    お持ちの不動産を担保に、事業資金などを借りるとき鑑定評価書があれば、借りられる金額の予測がつくなど、便利です。
    逆に担保を設定するときは、評価額がはっきりしていることが重要です。また、不動産を証券化する場合、不動産鑑定評価書が必要となります。

  • case03
    相続などで適正な価格が必要なとき

    財産相続で一番問題となるのが土地・建物など、不動産の分配です。
    鑑定評価を受ければ、適正な価格が把握でき、公平な相続財産の分割をすることができます。

  • case04
    資産評価をするとき

    土地・建物の評価替えをするとき、あるいは現在の資産評価を知りたいとき、鑑定評価が必要となります。
    不動産の価格は流動的なものだけに、常にそのときどきの価格を把握しておくことが大切です。

  • case05
    不動産を売買・(等価)交換するとき

    「思いどおりの値がつけば手放したい」と思っているときなど、まず、あなたの不動産の適正な価格を知っておく必要があります。
    また不動産を買うとき、(等価)交換するときにも、鑑定評価をしておけば、安心して取引をすすめられます。

Consulting不動産に関する
コンサルティング業務

不動産のエキスパートとして、不動産有効利用、相続対策、売買の検討等、
不動産に関連するさまざまな問題への総合的なアドバイスを行っております。

コンサルティング業務の一例
  • 土地所有者が自前で土地を有効活用
  • 土地所有者が業者と共同で土地を有効活用
  • 土地所有者が相続税対策や資産運用上不動産の整理・処分・取得
  • 不動産の賃貸借やその他不動産に関わる問題についてのアドバイス